施設ご利用までの手順

これまでにない、新しい就労支援のカタチを提供する事業所です。

就労に向けたトレーニングプログラムは、脳科学の専門家である柳澤弘樹(博士)によって考案されています。 誰にでも、得意なこと、苦手なことがあります。私たちの事務所では、得意な部分を伸ばし、少しずつ苦手な部分の力をつけていきます。一人一人の適性にあった、現代ならでわの仕事をたくさん用意しています。

STEP1
お問い合わせ

●就労に関する相談 ●サービス内容の説明 ●資料請求 ●見学日の決定

まずは、お電話、メールなどでお問い合わせ頂き見学日を決めます。 ご希望の方にはパンフレット資料をお送りしております。

STEP2
お問い合わせ

●事業所の見学 ●作業内容の紹介 ●利用に関する相談 ●利用方法のご案内

事業所で実際の就労訓練の様子などを見学していただきます。

STEP3
お問い合わせ

●基礎訓練の体験(1〜5日間)

サービス管理責任者と面談して通所の利用案内説明と今後の予定打ち合わせをします。ぱん

STEP4
お問い合わせ

●通所のための手続き

重要事項、契約の説明/個人情報取り扱いの説明/サービス管理責任者によるサービス支援計画の作成〜説明〜同意

STEP5
お問い合わせ

●就労訓練の開始

サービス支援計画に沿った支援・見直し・改善を繰り返しながらご本人に適した作業を提供してゆきます。

通所開始~就労訓練〜就活

訓 練

  • ●事業所に着きましたら、生活指導員と一緒に体調の確認を行います。 
  • ●対人コミュニケーション(SST)サポート ※対人関係に欠かせないスキルを身に着ける訓練をします。
  • ●基礎体力向上のためにみんなで運動をします。
  • ●生活リズムの安定に向けた指導、ビジネスマナー、挨拶、みだしなみ、衛生等について学びます。
  • ●職業指導員と簡単な作業を行います(※能力に応じて短縮します)
  • ●面接のリハーサル ※オフィスの中で実際の面接と同じようなことを体験します。
  • ●課題とその解決(適職の選考)

実 践

  • ●企業実習とそのサポート (勤務体制の調整検討等)
    実習を通してどのように働いていけるかイメージを作ってもらいます。
  • ●ハローワークの登録とそのサポート
    ほとんどの企業はハローワークを通して応募しておりますので登録することをお勧めします。
  • ●面談の同行サポート
    企業から通知があり面談が決まりましたら指導員と面接に伺います。
  • ●一定期間訓練を続けた後、次のステップに進めるかどうかの判断をします。

就 職

  • ●仕事を続けてゆくためのサポートを行います。
     導員が企業を訪問して、現状の課題や解決策を話し合います。
     職場に定着できるように支援をしてゆきます。
  • マーケティング部門/ヘルスケア部門/リフレクソロジー部門
  • ●インターネットにアクセスして本の販売やWEB管理を行います。
  • グラフィック部門/モデル(写真)部門
  • ●環境整備事業により地域貢献をします。
  • 環境整備部門

就労施設1日のタイムスケジュール

9:00

朝 礼

10:00

訓練・作業

12:00

昼休み

13:00

作 業

15:00

掃 除

15:30

終 礼

※タイムスケジュールは終業内容によって変更します。